「死亡」:キャッシング辞書

死亡

債務者が死んだ場合、大手のキャッシング会社は保険に入っているので全額保証されている。住民票と死亡診断書が必要だが、死亡診断書は身内の人しか取得は不可能。なお、中堅以下の保険に入っていないキャッシング会社の場合は、借金の支払い義務は遺族が相続する。ただし、遺族が借金の相続を拒むこともできるが、3ヶ月以内に裁判所もしくは弁護士に相談する必要がある。3ヶ月を超えた場合は強制的に遺族に支払いの義務が発生する。
←辞書一覧に戻る
LINE で送る
アクセス数
昨日:0
今日:0
合計:0