「貸金業」:キャッシング辞書

貸金業

法律では「金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介で業として行うもの」と定義するもの。金銭の貸付けに加えて、金銭の貸借の媒介も含まれているが、これはクレジットカードのことも含まれている。また、「業として行う」とは、「反復継続して社会通念上、事業の遂行とみることができる程度のものである場合」を指すとされているが、例えば、職場の小規模な親睦団体がその構成員に対して貸付を行うことは、一般的には「業として行う」程度までには達していないとされている。
なお、銀行の貸し付けは貸金業第2条第一項の(2)の「貸付を業として行うに付き他の法律に特別の規定のある者が行うもの」に該当するので銀行の貸し付けは「貸金業」には該当しない。
←辞書一覧に戻る
LINE で送る
アクセス数
昨日:0
今日:0
合計:0