「みなし弁済」:キャッシング辞書

みなし弁済

利息制限法を超える金利であっても、出資法以下の金利であれば、貸金業法第43条の所定の用件(貸金業法第17条や18条の書面を顧客に対して交付していること、債務者が利息として任意に支払ったこと)を満たせば、貸金業者は、有効に利息を受け取ることができるというもの。「任意で払った」場合がみなし弁済とみなされるので、実際は過払い返還請求が多くあるので、大多数の人たちは認めていないのが現状。現在は最高金利20.0%と、グレーゾーン金利は撤廃されている。
←辞書一覧に戻る
LINE で送る
アクセス数
昨日:0
今日:0
合計:0