専業主婦(夫)の場合は配偶者の同意が必要に

配偶者とあわせた年収の3分の1以下の貸付けを「配偶者貸付け」といいます。
「配偶者貸付け」は、「配偶者の同意」と「配偶者(夫婦関係)であることを証明する書類」が必要になりました。
例えば、夫の年収が270万円、妻の年収が30万円の場合、妻は夫(配偶者)の年収と併せて、300万円の3分の1である100万円の借入れが可能です。
なお、借入を希望する場合は、「夫の同意」と「住民票など夫婦関係を証明する書類」の提出が求められます。 また、この場合、妻が100万円の借入れをすると、 夫は貸金業者からの借入れができなくなりますのでご注意ください。

キャッシングではなく銀行系カードローンは、総量規制の対象外だったりします。借入に問題がある場合は以下の銀行などをオススメしております。

LINE で送る
アクセス数
昨日:0
今日:0
合計:0