+ [R] でディスクユーティリティを実行しても問題ないのに

Mac OS 上でディスクユーティリティの検証でエラーが出たので [Command] + [R]押しっぱなし再起動で検証するように促されるが、 [Command] + [R] 上でディスクユーティリティを実行しても問題ないのに、再び通常起動して検証するとエラーが出て直らない、 すなわち上述を何度やっても普通に起動した後のディスクユーティリティで検証すると必ずエラーが出てしまい本当は直っていない場合がある。 この場合の対処法は以下の通り(但し自己責任で、やる場合はバックアップ取っておくとええんやで)。 -再起動(もしくは普通に起動) -起動音が鳴ったら[Command] + [S]を押しっぱなしにしてシングルモードを起動 -管理者を選択してパスワードを入力(※記憶媒体(HDD or SSD)を暗号化している場合のみ) -コマンドラインの画面になるので、そこで fsck -fyと入力し [return]キーを押す -(待つ、ひたすら待つ。何かメッセージが出ても下のメッセージが出るまで待つ) -Appears to be OKと出てきたら OK。 -rebootと入力して再起動 再びディスクユーティリティを起動して検証すると直っている場合が多い。 上の例とは別に、Macintosh HD の故障とみられるエラーで Macintosh HD をフォーマットして OS を再インストールしてください、というようなことを言われる場合でもシングルモード起動の fsck -fyで直ることもしばしば。 最終的に Macintosh HD をフォーマットして OS を再インストールする方法もあるが、それでも直らない場合はお近くの Genius Bar ヨロシクニキー

2014/12/22 · himenaotaro

[PR] 振袖レンタル大阪振袖レンタル京都振袖レンタル熊本振袖レンタル立川
にゃ~ん | 上新庄スナック | 証明写真大阪